book

小値賀小中学校

ojikasyoutyugakkou

五島列島の北に位置する離島の小値賀島。島の中心に小学校、中学校、高校がある。その内、小中学校を合同校舎に改築した。学校では、小中高の連携教育をおこなっている。名松百選に選ばれた松林に調和する校舎とし、躯体は虫害を考慮したRCとし、上部構造を木造とした。小中をつなぐ行き止まりのない中庭を囲むロの字型プラン。子ども、PTA、教師のワークショップを重ね、学校づくりを一緒に考える。学校づくりニュースで過程を共有。地場産材の松を使用した図書館や、地域の素材、旧校舎の素材で作る内装、サイン。子どもたちがあわびタイルを作成し、愛着の湧く校舎を地元・施工者が一体となってつくった。
所在地:長崎県北松浦郡小値賀町中村郷71-2 他
発注者:小値賀町
主要用途:小学校・中学校
構造・規模:鉄筋コンクリート造平屋建て一部木造
延床面積:3594.72m²
施工:上滝・みなと建設共同企業体
竣工:2013年1
業務: 基本設計,実施設計,監理,設計監修
担当者: 鮎川透,杉本泰志,倉掛健寛
備考: 小値賀小中学校校舎建設工事設計委託業務指名型プロポーザル最優秀賞受賞 構造:織本構造設計 設備:設備総合計画 サイン:ジーエータップ 写真撮影:山崎睦昌/環・設計工房
←BACK
INFO

WORKS CATEGORY

ACTION CATEGORY

COMPANY MENU