book

S邸 増築工事

個人住宅の耐震改修および、居間と水廻りの増改築。 母屋は昭和27年頃建築され、当時はお米屋として特徴のある間取りだった。 計画初期には全面建て替えも視野に入れていたが、耐震診断・耐震改修を行うことで長年住み継いできた住宅に住まい続けることを選択。 更新が必要な水廻りと、生活スタイルの変化に合わせた居間の増改築を行うことで、今後も長く住み続けていく住宅とした。 計画地は八女の白壁通りから近く、増築部分は町並みや母屋の白壁を意識した外観とした。
所在地:八女市
発注者:個人
主要用途:住宅
構造・規模:木造平屋建て
延床面積:m²
施工:
竣工:
業務: 実施設計,監理
担当者: 石橋光男
備考:
←BACK
INFO

WORKS CATEGORY

ACTION CATEGORY

COMPANY MENU