book

K邸増築工事

10年前に竣工した個人住宅の増築。暖炉・サンルームのある洋室と、来客宿泊にも対応する続きの和室が求められた。RC造で作られた既存棟に対し、和室・勾配天井に適した工法として木造を採用。既存棟に並列させることで、2棟間の外部空間も積極的に生活空間として取り込む計画とした。勾配屋根には天然スレートを用い、暖炉の煙突と相まって「離れ」の趣きを感じられる外観としている。    
所在地:福岡県行橋市道場寺
発注者:個人
主要用途:戸建住宅
構造・規模:鉄筋コンクリート造 平屋建
延床面積:増築部159m²
施工:拓進建設株式会社
竣工:2016年3月
業務: 基本設計,実施設計,監理
担当者: 鮎川 透, 杉本 泰志, 安武 昌子
備考: 構造:吉原建築構造計画
設備:設備総合計画
写真:イクマサトシ(Technistaff)
←BACK
INFO

WORKS CATEGORY

地域計画

ACTION CATEGORY

COMPANY MENU