book

G邸

G-HOUSE

北側に向けて眺望が広がる傾く傾斜地に建つ住宅。全体を3つのスキップフロアとし各部屋の距離感を縮めた。土に接する部分をRC造、上部を架構表わしの木造とし、建物の長寿命化と木が持つ柔らかさの両立を目指した。
所在地:糸島市
発注者:
主要用途:専門住宅
構造・規模:RC+W造
延床面積:256.42m²
施工:安恒組
竣工:2005
業務: 基本設計,実施設計,監理
担当者: 鮎川 透, 杉本 泰志, 安武 昌子
備考: 構造:織本構造設計
設備:新都市設備設計
←BACK
INFO

WORKS CATEGORY

地域計画

ACTION CATEGORY

COMPANY MENU