book

ACTION

「デザインの種」展

PROJECT : ダーウィン   DATE : 2012年1月3日

「darwin」と「デザイン特区」のコラボレーションによるエキシビジョン。チャールズ・ダーウィン生誕200年の年でもあり、著作『種の起源』にちなんでテーマを「デザインの種」とし、クリエイターが蒔くさまざまな「種」を展示。

開催期間:2009年12月4日〜12月13日

開催場所:gallery LUMO、VIORO 5F特設会場

 

「同仁斎」

足利義政(室町幕府八代将軍)が造った銀閣寺東求堂の一室「同仁斎」

平安朝以来の建築とは異なり、敷きつめられた畳、障子や床の間、書院など現在に至る和風建築起源の姿、茶室の始まりとされています。

銀閣寺には違い棚や床の間がある会所と呼ばれる場がありました、そこでの「ふるまい」「もてなし」「しつらい」から始まった、茶の湯、水墨画、庭園、華道、連歌俳句、畳、床の間、障子、違い棚、豆腐や精進料理などが伝統文化として花開いています。義政の東山へ移住(1483)から始まる東山文化、造営した東山山荘は今に生きる日本文化の源流、「種」なのです。

建築展2007

PROJECT : 建築展   DATE : 2012年1月2日

設立28周年を迎えた際に行われた展示会。これまで従事してきた業務を振り返ると共に、“建築”を単に“もの”として考えるのではなく、その真ん中に人がいる“居場所”と捉え、「こどもの居場所。おとなの居場所。」をテーマに建築の果たすべき役割や可能性を追求した展覧会となった。

会場では、これまで関わってきた業務とその当時の時代背景を照らし合わせた年表や、実際に建てられた施設等を使

われている方々との対談、業務で使用してきた素材のマトリクス、参加型の居場所づくりモニュメントを展示。

開催期間:2007年11月18日〜11月25日 10:00〜18:00

開催場所:Ds’ forum(福岡市中央区)

和水町立三加和小・中学校設計業務公募型プロポーザル

PROJECT : プロポーザル   DATE : 2011年11月10日

和水町内の菊水地区の3小学校の併設校の設計プロポーザル。くまもとアートポリス事業の一環として行われた。

校舎と体育館を一枚の大きな屋根で覆う計画。高低差のある敷地をつなぐ2つのパス(グランドパスとホームパス)を設け、教室を配置。ホームパスはクラスルームを緩やかにつなぎ、成長を体感させる。

アルコーブやサイレントルーム、ステップシアターなと多様な居場所を設けた。屋外の広場も、地域の人びととの共同行事ができる広場や、共同菜園を計画。

吉武建築設計室(熊本)とJVで提案した。

優秀賞を受賞。

モノコトプロジェクト

PROJECT : モノコトプロジェクト   DATE : 2011年1月1日

建築、まちづくり、ランドスケープ、グラフィックなど様々な分野で活動する専門家が福岡市大橋の同じ建物、同じフロアに集まりました。

より楽しく、よりおもしろく、よりよいモノを社会に提供したい。

考え方は違っても同じデザイナーや建築家が時間と空間、情報を共有し、新しいモノ・コトを発信しています。

メンバー

(株)環・設計工房

(株)環境デザイン機構

(株)Cadis + 風建築工房

(株)ランドスケープ・コア

イノウエサトル建築計画事務所

 

 

小値賀小中学校校舎建設工事設計委託業務 指名型プロポーザル

PROJECT : プロポーザル   DATE : 2010年10月10日

小値賀町が実施した設計プロポーザル。隣接する小値賀小学校と小値賀中学校を統合し、小中一貫校として新校舎を整備する。

島の中でも比較的高い場所にあるため、平屋建ての校舎を計画し、島の景観、島風の影響を考慮した。広場を囲み全学年のクラスルームが連なっている。また、島という閉鎖的な環境の中での災害拠点として、自然エネルギーからの電力供給など自己完結型省エネルギーの検討を行った。

最優秀者として特定。設計・監理を行っている。

2 / 3123

WORKS CATEGORY

ACTION CATEGORY

COMPANY MENU