book

BLOG

ドイツ研修&山口県長門新市庁舎見学会 報告会

CATEGORY : イベント   DATE : 2019年9月11日

9/6(金)に「ドイツ研修&山口県長門新市庁舎見学会 報告会」を行いました。

 

第一部 ドイツ研修(鮎川 透)

8/16〜22 の7日間、ドイツ研修について。

【主な旅程】

16日 フランクフルト着

17日 デッサウ

18日 バウハウス 宿泊

19日 ハイデルベルグ

20日 ヴァイゼンホーフジードルング

21日 ハイデルベルグから帰路フランクフルト発

22日 福岡着

駅舎の特徴にはじまり、街の様子や、食事(主にビール!)、公共交通など、多岐にわたるドイツの様子を報告してもらいまいた。

 

街中に突然現れるパブリックアート。

 

駐輪場の屋根を緑化…? 現地の方に聞くと、緑化しているんだとか。

公園には木製の遊具が置いてあります。日本の遊具はカラフルなものが多いので、新鮮な印象。

 

ライプチヒ経由で切デッサウに移動。駅にて。

 

バウハウスに宿泊。

内装は非常にシンプル。(病院のようにも感じます。)

 

ハイデルベルグにて。メイン道路が街区を挟むようにして2本通り、そこから派生した細い道が街区の中を通る。

 

ヴァイゼンホーフジードルング (まさかの外壁改修中!)

 

 

第二部 8/30 長門市本庁舎建設工事 完成見学会(ヴー)

山口県長門新市庁舎の完成見学会に参加したので、報告をしてもらいました。

RC+木のハイブリット構造が特徴的な庁舎で、内装も木質化が徹底されていたとのこと。

外観 木を積極的に使用したエントランスが目立ちます。

柱の構造模型。木の柱を石膏ボードで囲み、仕上げは木という構成。

事務室 柱と梁が木でできているのがよく分かります。

メインの吹き抜け。木の柱梁、非常に迫力があります。スラブがRCなのもよく分かるアングルです。

 

一足早いおでんと、たこ焼き(キャディスと風建築工房の田中さん作!)をおともに、ゆったりとした報告会でした。

お疲れさまでした!

 

 

(白川京紗)

WORKS CATEGORY

ACTION CATEGORY

COMPANY MENU