book

BLOG

小値賀小中学校の学校づくりニュースNo.5発行

CATEGORY : 現場レポート   DATE : 2012年5月19日

小値賀小中学校の学校づくりニュースNo.5を作成し、小値賀島で配布しております。

工事の進行状況や、工法の紹介をしています。

 

島民の方に興味を持っていただき、良い学校ができることを楽しみにしております。

(倉掛 健寛)

monday gallery 「松岡恭子 Spinglass Architectsの現在」

CATEGORY : モノコトプロジェクト   DATE : 2012年5月18日

5月17日

月に一度行っている勉強会に、今回はスピングラス・アーキテクツの松岡恭子さんをゲストにお招きしました。

たくさんのスライドをご用意して下さり、これまでの作品や大学での研究など紹介してくださいました。

土木・建築・プロダクトなど他領域に渡って活動されている松岡さん、スケールの違うそれぞれの分野を通して考えているお話など、とても興味深い内容を聞くことができました。

 

松岡恭子さん、スピングラスのスタッフの皆さん、ご協力頂きありがとうございました。

(室 伸之介)

 

 

 

和白青松園竣工式

CATEGORY : イベント   DATE : 2012年4月25日

和白青松園の竣工式が4月23日開催されました。新緑に包まれた青松園をお届けします。

センター棟玄関まわり

ホーム棟とセンター棟をつなぐ渡り廊下(奥はセンター棟)

ホーム棟玄関

センター棟からホーム棟を見る

既存の松や桜を生かしながら建物を配置し、可能な限り内外装材に木材を使用しあたたかみのある空間をつくりました。

 

竣工式の様子

力強い琵琶の演奏(なんと御年95歳)

 

西日本新聞に掲載されました

4月23日発行 西日本新聞

さくら湯土壁塗り体験

CATEGORY : イベント現場レポート   DATE : 2012年4月23日

先日から告知しておりましたさくら湯土壁塗り体験が4月8日に行われました。

たくさんの子供達が体験に来ており延べ100人を超えていました。

間渡し竹はシノタケの丸竹を使い、柱や桁に穴を掘ってしっかりと固定されています。貫材は引き立てのまま使用し、くさび材には桧を使用しています。


大工さんの丁寧な編みこみの上に左官さんが時間をかけ作った土を塗っていきます。固く固まる粘土質の多い土を使い、時間をかけて寝かせることで良い土になります。

壁が割れずしっかりつないでおくために藁を切った「切りスサ」を土に練り込んでいるので土の中に藁が見えています。

泥だらけになって土壁を塗ったため途中の写真がありませんが、今後もさくら湯の現場見学会の様子をお伝えしていきたいと思います。

(前田 淳)

 

 

 

M邸1年検査を行いました。

CATEGORY : 現場レポート   DATE :

去る4月17日に昨年竣工したM邸の1年検査に行ってきました。

漆喰壁も竣工時のきれいな状態のまま使われていました。

通常、漆喰壁には乾燥したときに出てくる細かいがひび等が出てくる場合が多いのですが、

左官の職人さんの丁寧な作業のおかげで目立ったひびもありませんでした。

外周りは徐々に手入れされており、竣工時に比べると、緑が増えていました。

また、門扉の表札など、竣工後に手を加えた部分もあり、

実際に生活をする上で使い勝手が明確になって改良するなど、

やはり使われてこそ、「建築」というものが成り立つのだなと再確認しました。

また、夏の涼しさや陽がさしたときの床の暖かさなど、

1年を通して過ごされた話を聞くと、

設計当初「一緒に歳を重ねていける家に住みたい」と要望されていたことが

実現できたのだと確信しました。

WORKS CATEGORY

地域計画

ACTION CATEGORY

COMPANY MENU